エックスサーバーでWordPressをSSL化する方法・手順

独自ドメイン&レンタルサーバー

この記事は、エックスサーバーでWordPressをSSL化する方法・手順について書いています。

エックスサーバーの申し込み方法については、以下の記事を参考にしてください。
 

 
スポンサーリンク


エックスサーバーでWordPressをSSL化する方法・手順

エックスサーバーのトップページにアクセスして

エックスサーバー

ページ右上の「ログイン」⇒「サーバーパネル」をクリックしてください。

「サーバーID」と「サーバーパネルパスワード」を入力して「ログイン」をクリックしてください。

サーバーIDとサーバーパネルパスワードは登録時に送信されてきたメールに書いてあります。

ログインしたら「ドメイン」という項目に「SSL設定」があるのでクリックしてください。

「ドメイン選択画面」でSSL化をするドメインを選択し「選択する」をクリックしてください。

「SSL設定」画面が表示されたら上のタブを「独自SSL設定の追加」というタブに切り替えてドメインを確認してください。

左下に「すでに独自SSLが設定されています」と表示されていればOKです。

 

「すでに独自SSLが設定されています」と表示されていない場合

最近のエックスサーバーでは、最初にドメインの設定をする時にSSL化も同時にできるようになっているのですが、「すでに独自SSLが設定されています」と表示されていなかった場合には

「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にチェックは入れなくてもOKです。右下の「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックしてください。

少し待って上の画像のように「独自SSL設定を追加しました」と表示されたらOKです。

 

WordPressの一般設定を変更する

WordPressにログインして管理画面(ダッシュボード)左側サイドバー部分「設定」⇒「一般」をクリックしてください。

「一般設定」画面が表示されたら

  • WordPressアドレス(URL):「http://~」から「https://~」に変更
  • サイトアドレス(URL):「http://~」から「https://~」に変更

表示されているURLに「s」を追加するだけです。

大文字の「S」にしないでください。ログインできなくなる事があります。

変更が済んだら、ページを下にスクロールして「変更を保存」をクリックしてください。

「変更を保存」をクリックすると、再度ログイン画面になるので、改めてログインしてブログを確認してみましょう。

下の画像のように、ページの上にカギマークが付いた「ドメイン名」のURLが表示されれば、SSL化の設定が完了しています。

反映されるまでに少し時間がかかる場合もあります。「無効なURLです」や「この接続ではプライバシーが保護されません」などが表示されたら、少し時間をおいてから再度確認してみてください。

 

リダイレクト設定

「サーバーパネル」のトップページ「ホームページ」項目の「.htaccess編集」をクリックしてください。

「ドメイン選択画面」が表示されたら「.htaccess編集」を選択し「選択する」をクリックしてください。

「.htaccess」ファイルの編集は、失敗するとエラーが発生可能性があるので、事前に必ずバックアップを取ってから作業をするようにしてください。

「.htaccess編集」画面が表示されたら「.htaccess編集」タブをクリックして、「.htaccess」ファイルの先頭に以下のコード(HTML部分)を追加してください。

See the Pen
zYGbayW
by HIRO (@anyan)
on CodePen.

上の画像のようにコードを貼り付けたら「.htaccessを編集する(確認)」をクリックしてください。

入力内容が間違いないか確認して問題がなければ「.htaccessを編集する(確定)」をクリックしてください。

ここまでの作業で「http://~」でアクセスされても、自動的に「https://~」のURLへ転送されるリダイレクト設定はOK。以上でエックスサーバーでWordPressをSSL化する作業は完了です。

 
スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました