WordPress(ワードプレス)の内部リンクの貼り付け方法について

WordPress(ワードプレス)でブログをはじめたら、記事をどんどん書いていくわけですが、ある程度記事数が増えてきたりすると「索引ページ」を作成したくなったり、また、記事の途中でブログ内の別記事(関連記事など)をリンクしたいと思うことがあると思います。

この記事では、WordPressの内部リンク貼り付け方法について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク


WordpPressのリンクの内部貼り付け方法

WordPressで索引ページなどを作る時のリンク(内部リンク)の貼り付け方法は、特に難しいことはありません。WordPressで記事を作成すると、その記事ごとに自動的に「パーマリンク」も作成されますが、内部リンクを貼り付ける場合は、この「パーマリンク」を利用します。

※「パーマリンク」についてはこちらの記事を参考にしてください。

「WordPress(ワードプレス)のパーマリンク設定について」

 

索引ページなどで内部リンクを使用したい場合(テキストエディタ使用)

たとえば、いくつか記事を書いてその索引ページをつくり、各記事に内部リンクをしたい場合ならば、

【例】
赤色枠で囲んだ部分「Google AdSenceをはじめる(記事タイトル)」の内部リンクする場合

※<ul>タグ順序のないリスト表示を使用しています。

作成中の記事(内部リンクを貼りたい記事)を離れ、WordPress管理画面(ダッシュボード)⇒「投稿」⇒「投稿一覧」をクリック。

表示された記事一覧から該当記事(リンクする記事)を探し、見つかったら「編集」をクリックして

該当記事の編集画面を開きます。開いた画面上部の記事タイトルのすぐ下に「パーマリンク」というところがある(赤色枠で囲んだ部分)ので

リンク部分(青色文字)にカーソルを乗せて右クリックすると、下の画像のような帯が出てくるので

その帯の中の「リンクのアドレスをコピー(E)」を探し

クリック(左クリック)するなどしてパーマリンクをコピーします。

 

元記事(リンクを貼る記事)に戻る

パーマリンクのコピーが済んだら、その記事を離れ、WordPress管理画面(ダッシュボード)⇒「投稿」⇒「投稿一覧」をクリックして、先ほど作成中の記事(内部リンクを貼る記事)に戻ります。

元記事の編集画面に戻ったら下の画像のようにリンクを貼りたい文字列をドラッグして

記事上の編集用エディター「link」をクリックします。すると下の画像の表示が出てくると思うので

URL(赤色枠で囲んだ部分)に先ほどコピーしたパーマリンクを貼り付けます。その下の橙色(オレンジ)アンダーライン部分「リンクを新しいタブで開く」にチェックを入れるとリンク先が新しいタブで表示されます。チェックを入れなければ、同じタブ上でページが変わります。ここはお好みで構いません。

パーマリンクの貼り付けとリンク表示の方法の選択が終了したら最後に右下の「リンクを追加」をクリックします。そうすると、下の画像のように文字列にリンクが貼られている(赤色枠で囲んだ部分)ハズです。

一応、リンクが機能しているか確認してみます。記事の「投稿の編集」右側(サイドバー)上の「公開」部分の「プレビュー」をクリック。すると、記事のプレビュー画面が表示されます。

パーマリンクを貼った文字列が青色(このブログの場合)になり、リンクが機能しています。念のために、ここをクリックして、先ほど設定したリンクの表示方法(ちゃんと新しいタブで開くかなど)も確認しておくといいでしょう。

 

本文中のリンクも同様のやり方でOK!

記事の本文中の特定の部分(文字列)にリンクを貼る場合も同様の手順・やり方でOKです。リンクしたい部分(文字列)をドラッグして・・・

編集エディター「Link」をクリック。

URL(赤色枠で囲んだ部分)にコピーしてきた記事(リンク先の記事)のパーマリンクを貼り付けます。その下の橙色(オレンジ)アンダーライン部分「リンクを新しいタブで開く」にチェックを入れるとリンク先が新しいタブで表示されます。チェックを入れなければ、同じタブ上でページが変わります。ここはお好みで構いません。

パーマリンクの貼り付けとリンク表示の方法の選択が終了したら最後に右下の「リンクを追加」をクリックします。

WordpPressの内部リンクの貼り付け方法について ~まとめ~

以上、ここまで、WordpPressのリンクの貼り付け方法について書いてみました。ある程度記事数が増えてきたら、内部リンクを使用するようにしましょう。ブログに内部リンクを適切に貼ることによって、ブログユーザー(訪問者)の利便性を高めることになり、その結果として、ブログのPV(ページビュー)数のアップにつながる可能性もあがります。

また、内部リンクはブログのSEO的にも効果があると言われているので、ある程度記事数が増えてきたら、積極的に使っていくようにしましょう。

 
スポンサーリンク



 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。