英語表示を日本語で表示することができる「WP Multibyte Patch」の設定・使い方について

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「WP Multibyte Patch」は、たとえば、WordPressの英語表示を日本語で表示することができるという、とても便利なプラグインです。

参考までに、「WP Multibyte Patch」というプラグインは、WordPressにはじめからインストールされています。

スポンサーリンク



 

「WP Multibyte Patch」を有効化する

前述の通り、「WP Multibyte Patch」というプラグインは、はじめからインストールされています。

ただし、「有効化」はされていないので、「有効化」します。

管理画面(ダッシュボード)⇒「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン」

⇒「WP Multibyte Patch」で「有効化」。これだけで設定完了です。

もしも、何かの手違いで「WP Multibyte Patch」を削除してしまったとか、インストールされていないという事があれば、「管理画面(ダッシュボード)」⇒「プラグイン」⇒「新規追加」とすすみ、検索窓に「WP Multibyte Patch」と入力。

「いますぐインストール」をクリック。そして最後に「プラグインを有効化」をクリックすれば設定完了です。

 

「WP Multibyte Patch」を有効化する理由

WordPressを使いはじめるとわかると思いますが、WordPressではいろいろな説明などが「英語表示」されています。

元々WordPressは英語圏で開発されているので、これをそのまま日本語版(日本語の環境)でWordPressを使う場合にちょっとした不具合的なことに見舞われることがあります。

「WP Multibyte Patch」はその問題を解決してくれるプラグインなのです。

 

「WP Multibyte Patch」の主な機能

「WP Multibyte Patch」の主な機能は・・・

  • いわゆる「文字化け」を防ぐ
  • スペースの誤認識を防止(検索時など)
  • 変換バグ防止・・・など

このように、WP Multibyte Patchを有効化すると、メールやトラックバックの文字化けや、ピンバック、文字数カウントのバグを防いでくれます。

 

「WP Multibyte Patch」を有効化しておこう

「WP Multibyte Patch」は有効化してしまえば、他に設定の必要はありません。また使い方いうことも特になく、有効化さえしてしまえば、日本語特有の文字化けやバグを防いでくれて、各説明文などの表記が「英語⇒日本語になって使いやすくなる」という感じです。

ただし、このプラグインは日本語でWordPressブログを運営していくのに非常に重要です。ですので忘れずに必ず「有効化」しておくようにしてください。

 
スポンサーリンク



 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。