ソーシャルボタンを簡単に設置することができるプラグイン「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方について

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「WP Social Bookmarking Light」は、WordPressに「ソーシャルボタン」を簡単に設置することができるプラグインです。

「WP Social Bookmarking Light」は、以下の画像のようなソーシャルボタンを設置できます。

ソーシャルボタンは、そのボタンを通してブログ記事が多くの人に拡散されるので、ブログにアクセスを集めたりするためにとても有効です。

この記事では「WP Social Bookmarking Light」の設定や使い方などについて書いてみます。

スポンサーリンク


「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方

まずはじめに「WP Social Bookmarking Light」をインストールします。
WordPressにログインして、ダッシュボード(管理画面)を開き、
ダッシュボード(管理画面)左側「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。

すると「プラグインを追加」という画面が開くと思うので、画面右上の「キーワード(プラグイン検索)」部分に「WP Social Bookmarking Light」と入力します。

「WP Social Bookmarking Light」が見つかったら

「今すぐインストール」⇒「有効化」します。

 

「WP Social Bookmarking Light」の設定

「インストール」⇒「有効化」が済んだら、ダッシュボード(管理画面)左側「設定」⇒「WP Social Bookmarking Light」をクリックします。

すると下の画像のような「設定画面」が開くと思います。

まずはじめに「一般設定」をしていきます。「一般設定」では以下の4つの設定をします。

  1. Position(位置)
  2. Singular(個別記事のみ)
  3. Page(ページ)
  4. Services(サービス)

1.Position(位置)の設定

ここでは、WordPressブログにソーシャルボタンを表示する位置の設定ができます。

  • Top
  • Bottom
  • Both
  • None

・「Top」はページ上部のみに表示する。
・「Bottom」はページ下部のみに表示する。
・「Both」はページ上部・下部両方に表示する。
・「None」はソーシャルボタンを表示しない場合。

ソーシャルボタンを積極的に活用したいという方は「Both」を選択したほうがいいでしょう。「Top」「Bottom」の選択は各自のお好みでOKです。

2.Singular(個別記事のみ)の設定

ここでは、ソーシャルボタンをどのページ(記事)に表示するかを選ぶことができます。

「Yes」を選ぶと(個別)記事ページのみにソーシャルボタンが表示されます。

「No」を選ぶとTopページやカテゴリーページでもソーシャルボタンが表示されるようになります。

ここの選択は各自のお好みでいいでしょう。

3.Page(ページ)の設定

ここでは、「固定ページ」にもソーシャルボタンを表示するかどうかの設定「Yes」「No」ができます。

「固定ページ」は基本的に「会社概要」や「アドセンスポリシー」などで利用している方が多いと思います。このような場合は特にシェアされる必要はないと思うので「No」に設定しておけばいいと思います。

4.Services(サービス)の設定

ここでは、WordPressブログに表示するソーシャルボタンを選択(増減)することができます。

上の画像の「Services(サービス)」部分の左側の枠(赤色)で囲んである部分が、現在ブログに表示されているボタンです。

ボタンを追加(変更)したい場合は右側(左側)から「ドラッグ&ドロップ」で追加(変更)します。また、ここで表示ボタンの順番を入れ替えることもできます。

どのソーシャルボタンをブログに表示するかは各自のお好みでいいでしょう。

 
4つの設定が済んだら下の「変更を保存」のクリックします。

 

「個別」のボタン設定

上記までの作業だけでも、WordPressにソーシャルボタンが表示され、「WP Social Bookmarking Light」は有効になるのですが、基本的にデフォルトの状態では英語表記になっていたり、ボタンの形(大きさ)が揃っていないなど「見た目」的に問題になる場合があります。

その問題を解決するために、さらに個別」にボタンを設定します。「一般設定」の横(右側)、下の画像の赤色枠で囲んだ部分を個別に設定していきます。

たとえば、フェイスブックの場合なら、「FB」をクリックします。

赤色枠で囲んだ「Locole:」の部分を「ja_JP」に設定すると、フェイスブックの「like」が「いいね!」と日本語表記になります。

設定が済んだら「変更を保存」をクリックすることを忘れずに!

「変更を保存」をクリックしたら、一度ブログを表示させてボタンを確認してみましょう。

ちなみに、「FB」の横の「FB Like」をクリックすると、ボタンのレイアウトや「いいね!」ボタンだけでなく「シェアボタン」を追加して表示することもできます。

フェイスブック以外のツイッターなども似たような手順・作業で個別にボタンを設定することができるので、自分のブログを確認しながら、望むような表示になるようにいろいろと試してみるといいでしょう。

いずれにせよ、変更が済んだら「変更を保存」をクリックすることを忘れないようにしてください。

 

「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方 ~まとめ~

以上ここまで、WordPressでは最もポピュラーなソーシャルボタンを設置できるプラグイン「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方について書いてみました。

ブログにソーシャルボタンを設置することにより、自分の書いた記事に訪問者の方が共感して「他の誰かにも知らせたい」と思い、シェアしてもらうことによって、ブログにさらに訪問者が増える可能性が高まります。

ただ、ブログにソーシャルボタンを設置したからといって(たとえ共感してくれたとして)も、必ずしもすべての訪問者がシェアしてくれるとは限りません。確かにソーシャルボタンは可能性を秘めていますが、必ずしもブログのアクセスアップにつながるとは言い切れません。ですから、ソーシャルボタンを有効に使いたいという方は、まずブログ自体ののコンテンツの充実を心がけるようにしてください。

補足:
なお、このブログでは「WP Social Bookmarking Light」は使用していません(ボタン・デザインの個人的な好みの関係で)。このブログでは「AddToAny Share Bottons」というプラグインを使用しています。

「AddToAny Share Bottons」というプラグインに関しては別記事で書いてみたいと思っています。

 
スポンサーリンク



 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。