エックスサーバーでWordPressをインストールする方法・手順

独自ドメイン&レンタルサーバー

この記事は、エックスサーバーでWordPressをインストールする方法・手順について書いています。

エックスサーバーの申し込み方法については、以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク


エックスサーバーでWordPressをインストールする方法・手順

エックスサーバーのトップページにアクセスして

エックスサーバー

ページ右上の「ログイン」⇒「サーバーパネル」をクリックしてください。

「サーバーID」と「サーバーパネルパスワード」を入力して「ログイン」をクリックしてください。

サーバーIDとサーバーパネルパスワードは登録時に送信されてきたメールに書いてあります。

ログインしたら「ホームページ」という項目に「WordPress簡単インストール」があるのでクリックしてください。

「ドメイン選択画面」でWordPress簡単インストールをするドメインを選択し「選択する」をクリックしてください。

「WordPressのインストール」をクリックして、必要事項を入力していきます。

 

必要事項を入力する

まず「インストールURL」と「ブログ名」を入力してください。

  • インストールURL:そのままでOK。右側も空欄のままでOK。
  • ブログ名:作成するブログ名を入力(後からでも変更可能)。

次に「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力してください。

  • ユーザー名:WordPressのログイン時に使うユーザー名を入力。
  • パスワード:WordPressのログイン時に使うパスワードを入力。
  • メールアドレス:WordPressからのメールを受け取るメールアドレスを入力。
「ユーザー名」と「パスワード」はWordPressへログインする時に使用します。他者に推測されにくい「ユーザー名」と「パスワード」を設定し入力してください。

続いて、データベースの設定ですが、データベースの設定をしている方は「作成済みのデータベースを利用する」を選択し、作成した「データベース名」「ユーザーID」を選択して「インストール(確認)」をクリックしてください。

基本的には「自動でデータベースを生成する」を選択して問題ありません。

  • データベース:「自動でデータベースを生成する」のままでOK。

入力がすべて済んだら「インストール(確認)」をクリックしてください。

「キャッシュの自動削除」という項目があれば「On」のままでOKです。

「インストール(確認)」をクリックすると確認画面になるので

内容を確認して問題がなければ「インストール(確定)」をクリックしてください。

そして、上の画面が表示されたら、エックスサーバーでのWordPressのインストール作業完了です。

「http://登録したドメイン名/wp-admin/」がWordPressのログイン画面のURLになります。これをクリックして飛び先URLをお気に入り(ブックマーク)追加しておきましょう。

 

WordPressにログインしてみる

「http://登録したドメイン名/wp-admin/」でアクセスして、ログイン画面が表示されればOKです。

「ユーザー名」と「パスワード」でWordPressにログインすると、管理画面はそのまま表示され利用できますが、ドメインの設定などが反映されるまでに少し時間がかかる場合があり、サイト(URL)を表示させても下の画像のようなのエラー画面になる場合があります。

  • サイトURL:「http://登録したドメイン名」
  • ログインURL:「http://登録したドメイン名/wp-admin/」

設定が反映されるまで少し時間がかかる場合もあるので、表示されない場合は時間を置いてから再度確認してみて下さい。

もしも、数日待っても反映されない場合には、エラー画面で「Ctrl」と「F5」を一緒に押してリロードしてから確認をしてみてください。

 

 
スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました