Google Analytics(グーグルアナリティクス)で自分のアクセスを除外する方法

ブログ(サイト)を運営している多くの方が利用していると思われるGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)。Google Analytics(グーグルアナリティクス)を利用する目的は様々だと思われますが、中でも一番気になるデータは自分のブログ(サイト)への訪問者数やPV(ページビュー)数ではないでしょうか。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)は、登録(初期設定)のままだと、ブログ(サイト)運営者本人(自分)のアクセス数もカウントされてしいます。1日に数千アクセス・PVがあるブログ(サイト)ならそれほど問題にならないと思いますが、WordPressでブログ(サイト)をはじめたばかりなどの理由で訪問者数がまだ少ない時には、自分のアクセス数が含まれてしまうと本来の訪問者数、PV数のデータが把握しにくくなってしまうことがあります。

それを防ぐために、この記事では「Google Analytics(グーグルアナリティクス)で自分のアクセスを除外する方法」をご紹介します。

スポンサーリンク


Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法

「Google Analytics(グーグルアナリティクス)で自分のアクセスを除外する方法」には、いくつかの方法があるのですが、ここでは一般的によく知られ使われている「Google Analytics(グーグルアナリティクス)のフィルタ機能を使って自分のアクセスを除外する方法」についてご紹介します。

 

フィルタ機能を使ってIPアドレスを指定して除外する方法

Google Analytics(グーグルアナリティクス)のフィルタ機能を使ってIPアドレスを指定して除外する方法は、とてもシンプルで簡単です。何かをインストールする必要もなく基本的には、Google Analytics(グーグルアナリティクス)で設定するだけです。

設定自体は簡単なのですが、その前に自分のIPアドレスを調べておく必要があるので、まずはその方法について書いてみます。

 

自分のIPアドレスを調べる方法

まずIPアドレスを調べるために、『サーバー監視/ネットワーク監視サービス』にアクセスします。アクセスするだけでIPアドレスが表示されます。

上の画像の「あなたの利用しているIPアドレス」の下、赤色枠で囲んだ黒塗り部分に表示されているのがあなたのIPアドレスです。

(例 ○○○.▲▲▲.××.△△)

表示されたIPアドレスをメモなどに書き、覚えておくといいでしょう。

 

Google Analytics側での作業

IPアドレスを確認したら、Google Analytics(グーグルアナリティクス)にログインしてページを開き、左側メニューの下の方にある「管理」をクリックしてください。

表示された画面左側の「すべてのフィルタ」をクリックしてください。

そして「フィルタを追加」をクリックしてください。

「ビューにフィルタを追加」という画面が表示されるので

  1. フィルタ名
  2. フィルタの種類
  3. IPアドレス

を、入力(選択)します。

1.フィルタ名

自分のアクセスを除外や自分のIPアドレスを除外など、自分でわかりやすいフィルタ名をつけてください。

2.フィルタの種類

「定義済」⇒「除外」⇒「IPアドレスからのトラフィック」⇒「等しい」を選択。

3.IPアドレス

事前に調べたIPアドレスを入力してください。

次にその下に「ビューにフィルタを適用」という部分がありますが、ここの「使用可能なビュー」には、自身がGoogle Analyticsに登録している数だけの「すべてのウェブサイトのデータ」が表示されています。

Google Analyticsに自分が登録している「すべてのウェブサイトのデータ」から自分のアクセスを除外する場合は、すべて選択して「追加」をクリックしてください。

そして、最後に「保存」をクリックして作業完了です。

 

Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法 -まとめ-

この記事では「Google Analytics(グーグルアナリティクス)のフィルタ機能を使って自分のアクセスを除外する方法」についてご紹介しました。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)を利用するなら、ブログ(サイト)開設時から正確な訪問者数やPV数を知るために、できればGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)導入初期からこの設定をしておくといいでしょう。

 
スポンサーリンク